心は一つに、常に挑戦者たれ

馬鹿なオヤジの戯言帖

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

やっぱり担がなあかん 


賀茂神社の例大祭、今年は土曜日だったので神輿担ぎました。

神輿渡御

今年は飛天神輿(女性みこし)も同じ日に渡御。

例年になく男性陣は頑張っているようでした。

次の日、肩と膝の裏が微妙に痛かったけど、やっぱ神輿は担いでなんぼやなと再認識。

見てるだけでは、おもろない。

来年の10月11日は日曜日です。

年々体力は衰えてきてはいるものの担ぎまっせ!


スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

これは芸術だ 


神崎神社

琴浦町にある『神崎神社』です。

神崎神社

牛や馬の守護神として畜産農家の方の信仰が厚いという神社なのですが、今年はパワースポットして参拝者が多いとか。

彫刻01

この神社には多くの彫刻が施されており鳥取県の指定文化財に指定されている建物です。

彫刻02

建築物というよりも工芸品といったところでしょうか?

そして圧巻なのは拝殿向拝天井に施されたケヤキ材の龍の彫刻ですが、写真をうまく撮影するためにこんなものが準備してありました。

ゴザ

この迫力満点の龍は今年の干支ということで、年明けから注目されて多くの方々が参拝されているようです。
(この画像はクリック拡大します)

辰

龍以外にもあちこちに彫刻があります。

こちらは大注連縄の上の浦島太郎の竜宮城だそうですが、宮司さんが丁寧に説明してくださいました。
なんと1枚の板の彫刻だそうです。
(これもクリック拡大します)

竜宮城

彫刻はこれだけではないですが、こんな立派な彫刻の神社が近所にあったとは驚きでした。

ちなみに先日、ロンドン五輪で銅メダルを獲得した、琴浦町出身の川中選手がここにお礼参りに訪れたとニュースにもなっていました。



カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

ホウキノクニカラ 


私の生まれ育った町、倉吉市の魅力をたっぷり紹介した倉吉市観光PRショートムービーが出来上がりました。

4百年前伯耆国を治めていた南条伯耆守元続がタイムスリップし、地元の女子中学生とともに倉吉の観光名所を巡るというストーリーです。

時間のあるときにご覧ください。







女子中学生の着ている制服は、私の母校「東中学校」の制服です。



カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

賀茂神社のとんど祭 

とんど

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

けったいな名前のギャラリー 


ギャリGYO-03

倉吉市の伝建群の中にあるオンボロな古民家ですが、我が家の所有物です。
母が病気をするまで住んでいました。

3年ほど住まないと、どんどんと傷みがひどくなるので4月から地元のNPOに使っていただくことにしました。

コツコツと改修をして10月下旬にギャラリー魚・GYOとしてオープンしました。

1ヶ月サイクルで地元や地元出身の作品が展示されます。

現在は赤石文雄氏のパステル画が展示されています。

ギャリGYO-05

ここには座敷があったのですが、シロアリにやられており、オシャレな土間になりました。

ギャリGYO-04

押入れは扉をはずし赤く塗られて力作が展示されています。

ギャリGYO-01

通路の奥には五右衛門風呂があり、裏庭を通り土蔵のある裏口へ通じています。
いわゆる『うなぎの寝床』状態な家です。

ギャリGYO-02

火鉢に鉄瓶も置かれて、昭和の匂いがプンプンしています。

通り抜け自由にされており、観光客のみなさんに好評だとか…

裏口

これが裏口となります。

是非一度お出でくださいね。



-- 続きを読む --

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

梅雨の風物詩 


豊かな自然の指標とされるモリアオガエルの産卵シーズンを迎えています。
(ちょとオーバーな表現かも)

先日、ヴィーゴと打吹公園(うつぶきこうえん)へ散歩に行ったときに見かけました。

卵

モリアオガエルは普段は森で暮らしているために見かけることは少ないのですが、産卵が近づくと池や湿地に降りてきて、雨の日の夜は池のまわりの道の上を、何匹ものモリアオガエルが歩いていると聞きます。

残念ながらその姿を見たことはありません。

卵アップ

孵化したオタマジャクシがそのまま池の水の中に落ちるしくみになっています。

これがそうなのかな?

オタマジャクシ

何もない街だけど、自然だけはいっぱいです。

今日も素敵な1日を。

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

春を歩くも山菜はなかった 


10日の日曜日、地区の体育振興会の常任委員を務めている関係で春の自然散策のお世話で同行した。
スポーツばかりが体育ではなく、ウォーキングも立派な運動で体育である。

しかし、この種の催しはおじさま、おばさま方のお世話でヤングの参加はない。
まぁ、私もオッサンど真ん中なものでヤングから見れば同じかもしれない。

今年のコースは倉吉農高の中にある桜を見せていただきながら構内を通り抜け、国庁跡を通り、歴史公園までを歩く約5キロのコースだった。

伯耆国府跡

農業高校は息子の野球の試合で3度ほど入ったことはあるが、球場へ直行、直帰であるし、仕事でお邪魔しても事務室のみで、構内を散策したのは始めてだった。
農業高校だけあってとにかく広い。

桜の開花も例年より遅く、場所によってはこれからというところもかなりあった。

▼農業高校にあった、ちょっと白っぽい桜。

白い桜

▼そして普通の八重桜。

アップ

画像では違いがわからないけれど、実物はかなり違っていたんだけどなぁ。

歴史公園の桜

▲我が家のヴィーゴも特別参加。
超人気ものでしたよ。

先日の日曜日頃が見ごろではなかろうかと思われる桜がたくさんあり、嫁さんと行こうねなんて話していたのですが、楽天戦が見たいがためにパスしちゃいました。
来年までおあずけですね。

さあ、今宵は「春の博多の陣」
一応、1位と2位の戦いですからね。

我が家はテレビ観戦ができませんが、一球速報で応援します。

今日も素敵な1日を。




カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。