心は一つに、常に挑戦者たれ

馬鹿なオヤジの戯言帖

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

貴重な体験 


結婚式の前日、次男さんの家にAba-a家の6人兄弟一族が集まり食事をした時にフルーツの『ドリアン』の話が出た。
話しの中で、嫁さんも私も、まだ口にしたことはないとは答えた。

そして翌日、結婚式が終わった後、どうしても私たちにドリアンを味あわせたいということで、一族全員で街の屋台のフルーツショップに連れて行ってもらった。

フルーツショップ

夜にも関わらず、地元の人たちが大勢フルーツを美味しそうに食べてる。

数分で常温のドリアンが半分にカットされて目の前に登場。

ドリアン

手が入るくらいのビニール袋を渡されて、手袋のように手を入れて、ドリアンの黄色い部分をつまみとって食べなさいとのこと。

恐る恐る一つまみして口に入れた。

……………………………………………………うぅぅぅ。

嫁さんも%$#$”!$(~|=&%$#。

撃沈。。。。。

しかし現地の人たちは、ムシャムシャとほおばって美味しそうに食べてる。

体験済みの息子は、はじめから全く手をつけなかったのが納得!
ひとこと教えてくれやぁ。

お口直しにと『マンゴスチン』を勧められた。

マンゴスチン

うん、これなら問題ない。

しかし、貴重な体験であったことには間違いない。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

冬の味覚 


待ってました!
山陰沖の日本海の松葉ガニ漁が6日、解禁となった。

夕方、近所のスーパーで親ガニ(ズワイガニのメス)を購入。

親ガニ

これだけは、自分が欲しければ、自分で作らなければならない。
まあ難しいものではないから問題はないのだけど。

親ガニの味噌汁

親ガニの漁期は資源保護のために12月31日まで、松葉ガニは3月20日まで。

さあ、王者の冬の始まりです。




カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

今が旬のすいか 


一般的にスイカは真夏の暑い時が旬なのですが、こちら倉吉には今が旬のスイカがあります。

それはこちらの極実スイカです。

極実すいか

見た目は普通のスイカと変わらないようだけど、極実スイカは皮が薄く、まろやかで甘くソフトな味わいが特徴です。

極実すいか

極実スイカは栽培が難しいので腕のある篤農家だけが1玉ずつ丹精に作っているそうです。
一般的にスイカはカンピョウなどの台木にスイカを接ぎ木しますが、極実スイカはスイカにスイカを接ぎ木しているので、スイカ本来の味が引き出されると聞きました。

食べてみると、普通のスイカとは違って口の中にスイカ特有の繊維質のようなものが残らず、まろやかでスーッと溶けていくような感じです。

このスイカを作っている人の中に息子の同級生のお父さんがいますが、彼曰く、マグロに例えれば大トロだとのこと。

値段もそれなりだけど、一度この大トロを味わってもらいたいなぁ~。




カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

日生(ひなせ)に行ってきたどぉー 


今回の連休に何か美味しいものを食べにプチ旅行をしようと、かなり前から計画だけは立ててはいました。
しかし、香川でうどんを食べて高知に行くとか、尾道ラーメンだとか、1泊しようとか、ただボヤーッと好きなことを言うだけで全く決まってなかったのでした。

結局せっぱ詰り、前から1度食べてみたかったカキのお好み焼き『カキオコ』を食べに岡山県備前市の日生地区に行ってまいりました。

タマちゃん

前日の夜にネットで調べて「タマちゃん」に決定。

日生(備前市)は兵庫県の赤穂市の隣で、岡山県の玄関口のようなところです。

瀬戸内海沿いの漁港の町で、これといった観光スポットがあるわけではないけど
特産品であるカキを使ったお好み焼き屋さんがあちこちにある地区です。

のれん

タマちゃんは、日生漁港よりもかなり内陸部に入った場所にあり、
お好み焼屋さんが多数ある日生駅の一駅隣の寒河駅近くの国道250号線沿いに立地。

ネットでは1時間半待ったとか目にしていたので、それなりに覚悟はしていたものの行列はなし。

玄関メニュー

店内に入ると、ほぼ満席状態だったけど、運よく一般的にはカウンター席と呼ばれる、調理する大きな鉄板の席に案内された。
待ち時間0分。

鉄板

この鉄板で焼いて、出来上がった物をそれぞれの席の鉄板に運ぶというスタイルだが、この席に案内されて調理の様子がリアルタイムで見られるというのは個人的に超ラッキーだった。

メニュー

↑このメニューはクリックで少しだけ拡大します。
(画像がきれいでなくてごめんなさい)

そこでオーダーしたのが、

カキおこ

ノーマルなカキオコ

カキネギ

ノーマルなカキネギ

○○丞という最後に「丞」がつくのもあったけど違いはカキの量の違い
我々の歳を考えればノーマルで十分です。

カキオコもネギオコも半分がソースで半分が岩塩という味付けがポイントのようです。
画像では、どちらも手前がソースで、奥が塩なのですが、
塩で食べるお好みの、めちゃくちゃ美味しいこと…
嫁さんは、全部塩でもいいんちゃうって言ってたほどでした。

調理工程を見ていて思ったこと。
天かすを生地に混ぜ込むのではなくたっぷりとそのままかけること。
最後にオリーブオイルを流し入れて仕上げるというのが決めてなのかな。

大粒のカキがしっかりと入り、中はふわっと、外はサクッの超絶品でした。

今度はカキのシーズンにもう一度訪れたいお店です。




カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

見かけじゃないんだ 


全米オープンネットで観戦していましたが、錦織くん、残念だったけど仕方ないですね。

あっぱれです。


さて、

いか焼き

画像では何なんだかさっぱりわかりませんが、大阪で『いか焼き』と呼ばれるものです。

お好み焼き、たこ焼きに肩を並べる粉もの界のベスト3。

先日の夕食でしたが、画像では全く美味しそうに見えませんね。

定番のソースバージョンと醤油味の和風を作りました。

しかし、実際には阪神百貨店地下のいか焼きには及ばないもののめちゃ旨!

今回食べていて、阪神百貨店の味を再現できるヒントらしきものも見つかりました。

う~ん、次回が楽しみだ。

美味しそうに見える写真の撮り方も勉強しなくっちゃ。。。









カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

せつないうまさ 


nantitiワインの友

沖縄のお菓子です。

「ナンチチ」とは、沖縄の方言で炊飯・料理などで生じる「おこげ」のこと。

ワインの友

マカダミアナッツとナチュラルチーズのハーモニーがうれしい豆菓子です。

その名の通り、ワインの友として。


nantiti

こちらは、別バージョン。

nantiti02

黒糖とマカダミアナッツとココナッツミルクの絶妙なハーモニー。

あまりパンチのない地味な味だけど、クセになる味だと思う。

今回は友だちにいただいたのもだけど、お取り寄せができるみたい。

買わなきゃな。







カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

困った時の一品が逸品で絶品やった 


ラタトゥイユ

メニューに困った嫁さんが家にあった材料で作った『ラタトゥイユ』もどき。

大量にあったトマトの処分に役立ったが、これがお世辞でもなく美味しかった。



カテゴリ: おいしいもの・お店

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。