心は一つに、常に挑戦者たれ

馬鹿なオヤジの戯言帖

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

京都に行っててん 


3日に急用のために日帰りで京都へ行ってきました。

用事を済ませて夕方、息子とお茶をすることに…
しかし、ヴィーゴ同伴では入れる店もなかなかありません。
結局、マクドを買って駐車場の車の中でということになりました。

マクド金閣寺店

わら天神にあるマクドナルド金閣寺店です。

ちょっと変わった店舗だと思いませんか?
すぐそばにある、金閣寺をイメージした店舗となっているんです。

また、京都市は条例で、景観保護のため、特定の地域での派手な看板を掲げることを禁止しています。
基本的に赤色ベースのものが禁止されているので、マクドの看板も茶色。
世界のマクドも条例には逆らえません。

もちろん、モスも吉野家もすき家も、さらにはガソリンスタンドも控え目な看板となっています。

観光に行ったわけではないのですが、せっかくなので北野天満宮の梅を撮影しておきました。
梅園には入ってないのですが、息子の家の庭みたいなものですから。

北野天満宮

平日なので人もまばら。

梅

いつか、ゆっくりと観光で訪れなあきまへんなぁ~。

今日も素敵な1日を。


スポンサーサイト

カテゴリ: 京都物語

[edit]

PAGE TOP

いまどきの学食 


京大

京都のとある大学の食堂で680円也。

息子が写メ送ってきました。

30年程前には考えられないことです。

今日も素敵な1日を

カテゴリ: 京都物語

[edit]

PAGE TOP

気分はもうボンジュールですねん 


大谷本廟へお参りした日(9月19日)、すべての予定が終わったので比叡山に足を伸ばしてみました。

比叡山ドライブウェーをのぼり中腹付近、延暦寺の手前にあるフランスをイメージさせるホテル『ロテル・ド・比叡』に立ち寄りました。
というか、ここしかないみたいです。

カフェ・ド・レレル01

ホテルにある『カフェ・ド・レレル』でお茶をすることに。

カフェ・ド・レレル02

メニュー

結構いい値段です。
コーヒー、紅茶など種類は多いですが、最低800円。

琵琶湖を一望できるテラス席もありますが、霧雨も降ってきたし、テラス席のクローズまで30分程しかなかったので室内に着席。

でも、せっかくだからと琵琶湖をカシャっと撮影。

琵琶湖

そして、記念に長男と一緒に『サンドウィッチセット』を食べることにして、思い切ってオーダーしちゃいました。

サンドウィッチセット

2,000円のサンドウィッチセットなんて、過去最高高値なのかもわかりません。
美味しかったけど、非常に食べにくかったですね。

4人でお茶して、4,500円也。
普段では考えられない、ちょっと贅沢だったけど、よかった、よかった。

今日も素敵な1日を

カテゴリ: 京都物語

[edit]

PAGE TOP

行列の出来る店に行列せずに入ったぞ! 


大谷本廟へお参りしたときに京都に住む長男と合流するために家まで迎えに行ったときのことです。

息子の住まいは、京都の北野天満宮のすぐそばで歩いて30秒ほどの所、東側は花街『上七軒』で、日が暮れればお茶屋に出入りする舞妓さんの姿も見られる、とっても京都らしいところに暮らしています。
部屋の窓から五山の送り火で有名な、左大文字も見えます。

左大文字


以前もブログで紹介だけはしたことのあるお店『とようけ茶屋』は北野天満宮の大鳥居の前にあります。
そのときの記事はこちらの『ほっこり狂都日記Part1』です。

とようけ茶屋

長男のところに着いたのが11時前でしたが、11時開店のとようけ茶屋を見るといつもの行列がないではないですか。
いつも長蛇の行列に並ぶ気もなく、一度は入ってみたいなと思ってただけだったんですが絶好のチャンス到来です。
待ち時間0分で着席できました。

京都の豆腐屋さんが昼間だけ営業する豆腐料理のお店ですから、メニューは京野菜と豆腐がメインです。

私は、お店の名前がついたとようけ丼(730円)にしました。

とようけ丼

お店の屋号のついた商品なので自慢の一品かなと思いこれに決めたのです。
豆腐、刻み油揚げの甘煮、椎茸、九条ねぎを煮込んだ丼で、七味がアクセントとなっています。
マーボー丼の和風京都バージョンみたいです。

長男は、生ゆば丼(890円)を注文。

生ゆば丼

生湯葉を煮て葛を引き、生姜と刻み三葉の風味でいただく上品な餡かけ丼です。

そして、嫁さんと義母はきぬかけ丼(730円)をいただきました。

きぬかけ丼

油揚げの卵とじ丼です。

お通し

↑これは、お通しのおぼろ豆腐です。

せっかく豆腐屋さんに来たからと黒豆奴豆腐(230円)とねぎ揚げ(280円)も注文。

黒豆豆腐

ねぎ揚げ

そして、ちょっとピンボケですが、どの丼にも付いていたゆばですが、これは最後にしぼったゆばだと説明がありました。

ゆば

普段食べる湯葉とは全然違っていました。

丼はどれも味が甘くて濃い目で想像していた味とはまったく違っていました。
京都らしく、薄口であっさりと思っていましたが、ちょっとがっかり。
でも評判のお店だけあって、とても美味しかったです。

店を出た11時半過ぎは、お店の前の今出川通りには、かなりの行列ができていました。
超ラッキーでした。

今日も素敵な1日を。

カテゴリ: 京都物語

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。